東海本部の特徴

阿含宗は大きな規模の仏教教団であり、今では日本中に拠点を持つような存在となりました。その中でも東海地方を代表しているのが東海本部なのです。こちらは名古屋市の山王駅の近くに立地しています。建物はレンガ風の外壁となっており、一見すると仏教のイメージとは程遠いです。だからこそ入りやすくて、気軽に阿含宗に参加することができるのです。

こちらには龍神赤不動明王がいるのですが、これはとても霊験あらたかな存在として知られています。そのため、東海地方のあちこちからお参りに来る方が後を絶ちません。お願いごとをすればきっとそれを叶えてくださるでしょう。

阿含宗に関心があって、東海地方に住んでいる人は、ぜひとも東海本部へ行ってみましょう。どのような方であっても、阿含宗に少しでも興味があるならば歓迎してくれるでしょう。あなたも阿含宗の信徒になれるのです。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、日本のサービス経済化は進んでおり、モノだけの販売だけではなく、質の高いサービスを提供して、付加…
  2. 1.トルマリンの効能、パワーストーンとしての意味2.トルマリンの歴史1.トルマリンの効能、パワースト…
  3. 転職をするならば、まず情報収集にインターネットを使うことが多いのではないでしょうか。転職に関する情報…
ページ上部へ戻る